鹽竈桜が満開!鹽竈神社の花見はまだ間に合う!

2017年5月4日

スポンサーリンク

こんにちは!かっぽです。

 

本日も鹽竈神社へ行ってきました!

 

ゴールデンウイークに突入直後の

4月29日、30日に

鹽竈神社(しおがまじんじゃ)へ桜の撮影に出かけ、

曇天だった5月1日には行かず、

快晴だった本日、またもや出かけました。

 

どんだけ鹽竈神社に

入り浸ってるちゅーねん!

 

周りからは呆れられています (;^ω^)

 

 

でも、この時期の桜は

「急に開花」し、

「アッという間に満開」になり、

「うかうかしていると散ってしまう」ので、

なかなか油断できないんです。

 

 

鹽竈神社の花見はまだ間に合う!

 

37種類の(かっぽ調べ)鹽竈神社の桜たちも、

 

遅咲きトリオ、

・梅護寺数珠掛桜

(ばいごじじゅずかけざくら)

・兼六園菊桜

(けんろくえんきくざくら)

・突羽根(つくばね)

が開花宣言!

 

鹽竈神社の桜シーズンも

いよいよフィナーレを迎えました。

 

「梅護寺数珠掛桜」と

「兼六園菊桜」は、

ここ数日でイッキに開花が進み、

ゴールデンウイーク中には

満開を迎えそうです。

 

鹽竈神社で一番遅咲きの「突羽根」は、

ようやく数輪ほど開いたところ。

 

ただ、突羽根は大木ではありませんし、

目立たない場所にあるので、

梅護寺数珠掛桜と兼六園菊桜が

散ってしまうと、

「お花見」シーズンが終了したような

寂しい感覚に襲われます。

 

スポンサーリンク

 

花見に急げ!鹽竈桜が散る前に!

 

鹽竈神社(しおがまじんじゃ)の

御社紋(マーク)にもなっている

「鹽竈桜(しおがまざくら)」

今年はいま(5月2日)が見どころです。

・・・と言うか、ホント今がギリギリ。

後は散って行くばかりという感じ。

 

2015年、2016年よりも

1週間ぐらい遅い満開です。

 

昨年、一昨年が早かったのか

それとも今年が遅いのか・・・。

それは不明なのですが、

鹽竈神社では5月10日を

「鹽竈ザクラの日」

と定めているそうなので、

そう考えると

遅いというわけでも無さそうです。

 

鹽竈神社境内に数々ある鹽竈桜の中でも、

「左右宮拝殿」という

神社のメインの建物の右側にある鹽竈桜が、

一番見事な大木なのですが、

 

鹽竈神社は改装工事中のため、

「神符守札所」

と書かれたプレハブに邪魔されていて

現在はとても残念な状態です。

 

プレハブが建つ前は、

こんな見事な光景でした。↓

※2015年4月撮影です。

 

(なんで、こんな場所に

プレハブ建てるんだ。無粋な!)

と、当時ビックリしたものです。

 

 

今日は、

早朝は雲ひとつ無い快晴だったのに、

神社に出かけた頃には

雲がポコンポコンとたくさん出てきて、

“太陽の出待ち”をしなければならず

なかなか難儀いたしました。

(曇り空だと桜がきれいじゃないので)

 

 

私は有休を取って連休なのですが、

一般的には本日は平日。

そのせいか、朝のうちは駐車場もガラ空き。

 

だんだん混んできましたが、

耳に入る会話が日本語が多かったです。

(土日だと、中国語や韓国語のほうが

たくさん聞こえる気がする。)

 

 

鹽竈桜の写真や動画は

たくさん撮りためてありますので、

またあらためてご紹介いたしますネ!

 

スポンサーリンク